IKEMEN Go(ver0.96.1)互換性検証

polystation.jpg

連投になるけど投稿
長いので続きからどうぞ。

-キャラクター

・MUGEN0101世代(DOSMUGEN最初期)
NeoGouki氏製作K'で検証

結果:×
defのフォーマットが現在のものと異なるのでそもそも登録されない
defファイルの修正とか記述書き換えとか色々と面倒なので推奨しない。

・MUGEN10414世代(DOSMUGEN後期)
SUGIO氏製作新ドラえもんとANMC氏製作空条承太郎で検証

結果:○
defファイルのフォーマットが統一されたのは恐らくここからなので動く。
ポトレの色化けを自動で修正してくれるが、本体の色化けはそのままなので修正必須
記述面は多分大丈夫。

・WINMUGEN
拙作の試作兵器とじゅんたさ氏赤屍蔵人で検証

結果:◎
廃止された機能が全て復活しているのもあって新MUGEN以上の互換性がある。
ステ固定、OTHK、永続ターゲット、凍結等の凶悪技術もほぼ問題なし
隔離持ちも一応動くが該当記述が省略されるっぽいので隔離持ちは今まで通りWINMUGENで動かすのが賢明。

・MUGEN1.0
OHMSBY氏ルビー・ローズとSennouRoom氏姫柊雪菜で検証

結果:◎
ほぼここが中心みたいなので目立った不具合とかもない

・MUGEN1.1
Websta氏リンネとEiton氏エチカで検証

結果:◎
PNGでエフェクト描画もするので滅茶苦茶キレイだしズーム機能でアップになるの派手(
但しエチカの「デッド・オブ・ザ・デッド・オブ・ザ・デッド」のヒットエフェクトの透過が一部されてなかったりする。
(確定で起きるので多分キャラ側な気がする)

-ステージ

1.1のズーム付きステージやWINMUGENPLUSのHiresステージは問題なし。
だが何故かDany-The-Dog氏が製作したストIII3rdの豪鬼ステージの一部スプライトが表示されない。
原因不明

-アドオン

1.0以降のフォントが一部エラー吐くのとWINMUGENPLUS専用スクリーンパックが変換必須な事以外は完璧
WINMUGENのD4ライフバーは各フォント使用するところで
(該当箇所の名前).font.scale=0.5,0,5
と全部書いておけば本来のフォントの大きさで表示してくれる

またライフバーでlocalcoordが使用可能になったので、
使用しているスクリーンパックの解像度に合わせてライフバーを厳選する必要もほぼなくなった

localcoord記述例(fight.defの先頭に置く):
[Info]
localcoord=320,240;(WINMUGEN相当)

ちなみにスクリーンパックの変更はIkemen GOを起動した際に作成されるSaveフォルダ内にあるconfig.jsonから設定可能。
「"Motif": "data/system.def",」の"data/system.def"の箇所で使いたいsystem.defのパスを指定できる

-BGM
対応拡張子:
mp3,wav,ogg
おそらくこの3種
MIDIやMODファイルも読み込めると書いているが読み込めない?
ループ機能も使えるがスペック足りてないとたまにズレたり

-ストーリーボード
再生可能。
BGMも再生されるので目立った不具合とかはなし

-総評
隔離を使用したキャラや一部アドオンを使わないのであれば移行してもほぼ問題はない
今でも更新が続いているのでこれからどうなるかが楽しみ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

olt-EDEN

Author:olt-EDEN
読み:オルトエデン
キャラ公開&更新報告はサボリ気味
転載・改変はカネが絡まなければご自由に
プロフ画は別人格からのいただきものです。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR